プロバイダーを乗り換える

現在光と契約している人は光回線を違う業者に乗り換える人もいますが、光回線は同じでプロバイダーのみを乗り換える人もいます。

光回線を契約する時には面倒な工事が必要でしたがプロバイダーのみを変更する場合は面倒な工事は必要ありません。では何故プロバイダーのみを乗り換えるのでしょうか?

当然契約するプロバイダーによって料金などは変わってきます。自分に合ったプランなど月額使用料などを見て決める事ができるのもメリットだと思います。

しかし意外な事にサポートセンターの対応の悪さからプロバイダーを変更する人が一番多いのです。サポートセンターとはプロバイダーごとに設置されている困った事を聞いてもらい解決してくれる所です。

パソコンをあまり使わない人などは設定方法などわからない人が多く相談した事がある人もいると思います。中でもサポートセンターへの電話の繋がりの悪さがあげられ、イライラしてしまう事からプロバイダーの評価に繋がっているようです。

プロバイダーごとに独自のキャンペーンを行っており、料金などに魅力を感じるケースも多いとは思いますが、注意してほしい事もあります。

注意ポイント

プロバイダーと新規契約する事でキャンペーンなどの特典を受ける事ができます。キャンペーンの中には無料期間やキャッシュバックなどがあります。

それらキャンペーン目的でプロバイダーを何度も乗り換える人がいる様で、プロバイダー側も対策を行っています。対策として解約不可期間というのを設けており、その期間内に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

これは契約書の中に書いているのでしっかりといつまでなのかというのを確認しておいてください。高額な違約金を取られてしまっては意味がないので注意してください。

光と契約するためのガイドブック

このページの先頭へ